「煙公害対策 焚き火どんどん」生ゴミも燃やせる!無煙・無臭のダイオキシンクリア焼却炉

焼却炉の専門店 「焼却炉の専門店」 「焼却炉の専門店」

<お知らせ>
ゴールデンウィーク明け2018年5月8日(火)以降の出荷となります。


  1. トップページ >
  2. 焚き火どんどん


無煙無臭のダイオキシンクリア焼却炉

煙公害対策 焚き火どんどんのご購入

焚き火どんどん60Lの商品写真
商品番号 S-8935
商品名 焚き火どんどん 60L
(無煙・無臭の焼却炉)
商品価格 ¥30,000(税込)
備考

送料無料

(沖縄・離島を除く)
※代引き不可

お届け目安 1週間程
個数
配送地域をお選びください
お届け先



焚き火どんどん200Lの商品写真
商品番号 S-8936
商品名 焚き火どんどん 200L
(無煙・無臭の焼却炉)
商品価格 ¥57,000(税込)
備考 送料無料
(北海道・沖縄・離島を除く)
※代引き不可
お届け目安 1週間程
※時間指定:不可
個数
配送地域をお選びください
お届け先



焚き火どんどん350Lの商品写真
商品番号 S-8937
商品名 焚き火どんどん 350L
(無煙・無臭の焼却炉)
商品価格 ¥115,000(税込)
備考 送料無料
(北海道・沖縄・離島を除く)
※代引き不可
お届け目安 1週間程
※時間指定:不可
個数
配送地域をお選びください
お届け先





煙公害対策 焚き火どんどん

機密書類や伝票、落ち葉の焼却に・・・ 無煙・無臭の焼却炉


焼却炉内部の熱を循環させる独自の構造で、炉内の温度は800℃以上!
800℃の高温で燃焼することで、煙や悪臭はもちろん、有害なダイオキシンにも対応。
ダイオキシンは800℃の高温焼却を約2秒間行うことで熱分解できるので、焚き火どんどんなら発生を極めて微量に抑えられます。
※使用方法を守り、正しく焼却した場合に限ります。


上から下に炎が燃え広がり、炉の内部の煙の流れや酸素の量を安定させ、約800℃の高温を保つ特殊な構造を持つ焼却器は、焚き火どんどんだけです。
効率のよい燃焼で燃え残りも少なく、灰の処理もカンタンです。


燃やし方は簡単!
炉内にゴミを入れ、チリ紙などで上から着火して蓋を閉めるだけ。
機密書類や伝票、生ゴミから落ち葉、庭木の剪定ゴミなど30〜40分ほどできれいに完全焼却します。



軽量で持ち運び可能、様々な場所で大活躍!


60Lタイプなら重さは約8kg!
女性でも移動や収納が簡単に行えます。
また雨ざらし状態で使用しても寿命は4年以上と使い勝手も十分です。


焚き火どんどんはヒマラヤでも活躍


「焚き火どんどん」は厳しい環境下でも大活躍!!

南極観測隊も基地で使用
氷点下30℃という超低温の環境下でも使用可能

ヒマラヤのゴミ問題にも一役
酸素が地上の約1/2という過酷な場所でも使用可能



焚き火どんどんの特徴


高温になるので無煙・無臭


●高温で燃焼
 焚き火どんどんは炉内の温度が約800〜900℃という高温で燃焼することが出来ます。
この高温により、煙が出にくく、臭いも出しません。

マイナス30度の南極や酸素の低いヒマラヤでも燃やせる性能です。
南極観測隊・昭和基地近くのキャンプ地で使用されています。

●クロス段差ロストル
 U字ロストルがクロス・段差になることにより、適度な空間を確保して燃焼をサポートします。これにより、燃え残りが少なくなります。

●大きなゴミでも楽々
 焚き火どんどんは大きなゴミでも楽々に投入できる、大きな投入口です。
フタを外した上部からゴミを入れることが出来ます。


焼却中は近づけないほど高温になります


容量60リットル・200リットル・350リットルの3サイズ
【焚き火どんどん 60L】 【焚き火どんどん 200L】 【焚き火どんどん 350L】

●底がない焚き火どんどん(対象:200L・350Lタイプ)
この底がないことにより、焼却後の灰出しがとてもスムーズに行うことが出来ます。
持ち上げれば簡単にかき出すことが出来ます。


●お寺でも大人気!
用途は大量の紙くず、枯れ葉、枯れ枝、枯れ草の焼却。(プラスチックゴミを燃やすと黒煙とダイオキシンが発生しやすいので絶対に燃やさないで下さい)


※焚き火禁止の区市町村では使用できません。
事前に地域の使用可否を確認して下さい。



よくある質問


Q.ダイオキシンは出ませんか?
800℃/2秒で熱分解するので、ほとんど出ません。

Q.焼却中に臭いは出ませんか?
臭いの分子は600℃で熱分解する結果、無臭です。

Q.煙は出ませんか?
数秒若干出る場合があります。
また、着火が悪いと出ますので再着火してください。

Q.枝を燃やしたら、煙が出てしまうのですが
枯枝の焚付けは、紙くずでは火力が弱いのでボール紙等を燃やして火力を強くして下さい。

Q.雑草・生木は燃やせますか?
生は煙るので、枯れて(乾かして)から燃やしてください。

Q.生ゴミは燃やせますか?
木片を下に沢山入れ、その上に一晩水切りをした生ゴミ、紙くずを乗せ燃やしてください。木の火力により燃やせます。

Q.炎が焚き火どんどんの外側へ飛び出しますか?
炎が上部に10〜20cm出ることもあります。ご注意ください。

Q.表面温度は?
外側250〜300℃です。
燃焼後、冬は10分、夏は20分程度で本体が冷めます。



使用上のご注意


廃棄物の処理及び清掃に関する法律の第十四条五で「たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であつて軽微なもの」を焼却禁止の例外となる廃棄物の焼却としていますが、詳しくはお住まいの役所にお尋ねください。


焚き火どんどんのダイオキシン測定値

※発砲スチロール・塩化ビニール・古タイヤ等、有害物質の出るものは燃やさないでください。
※プラスチックゴミが混ざっていると黒煙とダイオキシンが発生しやすいので、燃やさず資源ゴミとしてゴミステーションに出してください。



煙公害対策 焚き火どんどんの仕様

商品名 煙公害対策
焚き火どんどん
60リットルタイプ
煙公害対策
焚き火どんどん
200リットルタイプ
煙公害対策
焚き火どんどん
350リットルタイプ
内容量 60リットル 200リットル 350リットル
サイズ (約)42×78cm (約)59×95cm (約)78×85cm
重量 (約)8kg (約)20kg (約)36kg
材質 ステンレス、鉄 本体:蓋:ステンレス、 U字ロストル:鉄
用途 枯草・枯枝・紙くず・秘密文書 枯草・枯枝・わら・アスパラ・紙くず・秘密書類
切株・お祭り・どんと焼き・お焚き上げの処理
焼却炉






ページの先頭へ戻る